映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< プリンス・オブ・エジプト | TOP | サムソンとデリラ(1949) >>

エクソダス:神と王

エクソダス:神と王 (2014 アメリカ)

エクソダス:神と王原題   EXODUS: GODS AND KINGS
監督   リドリー・スコット
脚本   アダム・クーパー ビル・コラージュ
     ジェフリー・ケイン スティーヴン・ザイリアン
撮影   ダリウス・ウォルスキー
音楽   アルベルト・イグレシアス
出演   クリスチャン・ベール ジョエル・エドガートン ジョン・タートゥーロ
     アーロン・ポール ベン・メンデルソーン シガーニー・ウィーヴァー
     ベン・キングズレー マリア・バルベルデ ヒアム・アッバス インディラ・ヴァルマ
     ゴルシフテ・ファラハニ アンドリュー・ターベット ケヴォルク・マリキャン
     ユエン・ブレムナー ハッサン・マスード タラ・フィッツジェラルド



旧約聖書の「出エジプト記」を題材としたモーセの物語。"モーセの十災"を映像化したかっただけとしか思えない仕上がり。クリスチャン・ベール演じるモーセはスカすか、ガナるかだけで全く魅力なし。旧約聖書の知識がある人には意図不明な改変が鼻につき、予備知識がなければ物語展開が極めてわかりにくいだろう。神との対話はなぜか少年が出てくるし、ナイル川が血に染まるのはワニが暴れたから。海は2つに割れない。十災や奇跡を自然の摂理で起こったように描くのは宗教物として疑問。そのくせあんな大波にのまれてもシラ〜と生きているし。全く楽しめない、拷問のような150分。トニー・スコット、この映画を捧げられても困るでしょうね。
☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!




 モーセの十災とは以下のとおり  十の災い(wiki)

1.ナイル川の水が血に変わり、魚が死んで水が飲めなくなる
2.カエルの異常発生
3.ぶよが異常発生し、人と家畜を襲う
4.あぶの異常発生
5.疫病により、エジプト人の家畜が死ぬ
6.膿が出る腫物が人と家畜を襲う
7.雹が激しく降る
8.イナゴの異常発生
9.エジプトの空が3日暗闇を覆われる
10.エジプトの全長子が死に絶える

こーいうものを映像で観たい人なら本作を...。


<旧約聖書を題材とした映画>
天地創造 (1966)
ノア 約束の舟 (2014 アメリカ)
十戒 (1956)
プリンス・オブ・エジプト (1998)
サムソンとデリラ (1949)
砂漠の女王 (1960)
愛欲の十字路 (1951)
ソロモンとシバの女王 (1959)
2017.01.05 Thursday | 01:36 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2020.08.03 Monday | 01:36 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top