映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< エクソダス:神と王 | TOP | 砂漠の女王 >>

サムソンとデリラ(1949)

サムソンとデリラ (1949 アメリカ)

サムソンとデリラ(1949)原題   SAMSON AND DELILAH
監督   セシル・B・デミル
脚本   ジェシー・L・ラスキー・Jr フレドリック・M・フランク
撮影   ジョージ・バーンズ
音楽   ヴィクター・ヤング
出演   ヘディ・ラマール ヴィクター・マチュア
     アンジェラ・ランズベリー ジョージ・サンダース ペドロ・デ・コルドバ
     ローラ・エリオット ラッセル・ヒックス ジョージ・リーヴス
     ウィリアム・ファーナム ヘンリー・ウィルコクソン オリーヴ・デアリング
     フェイ・ホールデン ジュリア・フェイ ラッセル・タンブリン

第23回(1950年)アカデミー賞美術(監督)賞、美術(装置)賞(カラー)、衣装デザイン賞(カラー)受賞。撮影賞(カラー)、劇、喜劇映画音楽賞、特殊効果賞ノミネート



怪力の持ち主であるダン族のサムソンはペリシテ人のセダマールに求婚。しかし、サムソンに恋していたセダマールの姉デリラは彼らの結婚式をかき乱し、その騒動によりセダマールは命を落とす。さらにデリラは君主の愛人という立場を利用してサムソンを色気で誘惑、酔わせたあげく、怪力の源である髪の毛を切って力を失わせる。旧約聖書『士師記』のサムソンとデリラの物語を元にした映画。『春の調べ』(1933)のヘディ・ラマールにとってはデリラ役など余裕デス。一方、サムソン役のマチュアはマッチョな体格に反してひどく臆病な人だったらしい。"男は女に秘密を話したがるものです"...はあ、そうですか。神殿崩壊場面はさすがの迫力。
☆☆☆★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!




<旧約聖書を題材とした映画>
天地創造 (1966)
ノア 約束の舟 (2014 アメリカ)
十戒 (1956)
プリンス・オブ・エジプト (1998)
エクソダス:神と王 (2014)
砂漠の女王 (1960)
愛欲の十字路 (1951)
ソロモンとシバの女王 (1959)

スポンサーサイト


2018.10.14 Sunday | 00:11 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1109

トラックバック

▲top