映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ライフ・イズ・ビューティフル | TOP | 日陽はしづかに発酵し… >>

スター・トレック BEYOND

スター・トレック BEYOND(2016 アメリカ)

スター・トレック BEYOND原題   STAR TREK BEYOND
監督   ジャスティン・リン
脚本   サイモン・ペッグ ダグ・ユング
撮影   スティーヴン・F・ウィンドン
音楽   マイケル・ジアッキノ
出演   クリス・パイン ザカリー・クイント ゾーイ・サルダナ
      サイモン・ペッグ カール・アーバン アントン・イェルチン
      ジョン・チョー イドリス・エルバ ソフィア・ブテラ ジョー・タスリム

第89回(2016年)アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞ノミネート

2009年からはじまった新時間軸版スター・トレック映画版。1,2作目ともに興行、批評ともに成功をおさめた。だが、3作目を前にしてJ・J・エイブラムスがスター・ウォーズの監督に決まり、降板を余儀なくされる。代わりに前2作で脚本を手掛けたロベルト・オーチーが監督を務めると報道された。オーチーは2013年からパトリック・マッケイとジョン・ペインとともに第3作めの脚本を執筆していたが、スタジオ側が「内容がトレッキー寄りすぎる」とその出来に満足せず、オーチーは2014年12月に本作企画から離れた。監督にジャスティン・リンが決定するとダグ・ユングと(スコット役で出演している)サイモン・ペッグがスタジオの要求に従い、"より万人受けするように"脚本を書き直した。そのような過程をへて出来上がったのが『スター・トレック BEYOND』である。シリーズ史上かつてないほど、映像は凝りアクション場面も満載。とてもスター・トレックとは思えない仕上がりとなっている。いったい何をbeyond(超越)したかったのか観客に伝わらなかったようで、全米興行収入は約1.6億ドル。1,2作目を大幅に下回り、前2作ほどの作品評価は得られなかった。



物語
エンタープライズ号による宇宙探査も既に3年目、ジェームス・T・カーク艦長(クリス・パイン)にはある迷いが生じていた。物資補給のために宇宙基地ヨークタウンへ到着。そこで未知の宇宙船から仲間の救出を求めるメッセージをうけとる。一行は救出に向かうが、それは罠で、エンタープライズ号は無数の飛行物体の攻撃を受け、激破。クルー達も散り散りになってしまう。攻撃をしかけたのはかつての仲間クラール(イドリス・エルバ)だった。

予告編をみたときからイヤな予感がした。2009年版のときも2013年版のときも同様だったのが、今回はそれらの比ではなかった。
地上でのアクション場面...こんなのスター・トレックじゃない!

2015年2月にMr.スター・トレック、レナード・ニモイが亡くなった。また本作の公開直前、チョコフ役で出演していたアントン・イェルチンが事故死するなど暗い話題も続き、せっかくのスター・トレック新作なのにどうも気乗りがしない。

残念ながら悪い予感はあたってしまった。冒頭、ジャバ・ザ・ハットを彷彿させる場面。
いったいこれは何の映画を観ているんだ!?
飛行物体襲撃場面は長すぎて...寝てしまいました。
キャストも皆、精彩を欠いている。カーク役のクリス・パインは陰鬱な雰囲気を漂わせ、2009年版とはほぼ別人のような雰囲気。これはまだいいほう。他のキャストは老けただけでまったく魅力なし。ドクター・マッコイはただうざいだけ。頭がよさそうには見えない。スター・トレックシリーズ、マッコイの描き方で脚本家の力量がわかる。これはダメダメですね。そもそも本作だけみるとマッコイが"医者"であることすら気づかないだろう。

また、スールーはゲイであると匂わす描写がある。オリジナルのスールー役ジョージ・タケイがゲイであることをカミングアウトしたことをふまえたものだろうが、だからといってスールーをゲイにする必要ある!?

中途半端にドラマ要素をまぶすが、消化不良でカラ回り。カークが「ついに父の年齢を超えてしまった」と嘆く場面も物語に意味をもたらさず、スポックとウフーラのロマンスも付け足し程度。そもそもスポックとウフーラが恋愛関係に陥るなんて抵抗感しかなく、この設定やめてほしいんですけどね。カークが艦長にもかかわらず、自ら率先して危険な現場に出向くのはスター・トレックの定石ですが、こんなことだけでトレッキーが釣れると思ったのかしらん?

ソフィア・ブテラ演じる新キャラ、ジェイラーもさほど効果をあげていると思えず。脚本を担当したサイモン・ペッグが自分の出番を増やすために作り出したとしか思えないのだ。


人種差別がなくなった時代、という設定で乗組員も様々な人種を盛り込んでいるのに、本作ではそのキャラの違いが全く描かれていない。
悪役クラールも...かつての仲間という設定で物語に深みをもたらすと思ったのだろうか?
アクション主体の描写でラストに突然そんな設定だされても鬱陶しいだけですね。

致命的なのはスポックの存在感が薄いこと。
スポック役のザカリー・クイント、顔はむくみ声は弱々しく細い。
台詞にはひとかけらも論理性を感じません
前述のウフーラとのロマンスは論外だが、ドクターとのかけあいもケミストリーが悪く、無意味な描写に成り下がっている。
カークとのからみも冴えない。

ザカリー・クイント、前2作はさほど悪くなかったがレナード・ニモイが亡くなって、プレッシャーから解放されたのか?
今回の演技は本当に酷い。
スポックといえば、スター・トレックの顔ですよ。それがコレ!?
またこれを良しとする監督も...スター・トレック愛がないんですね。
ザカリー・クイントはラジー賞の受賞スピーチを準備しておいたほうがいいかもしれない。

 スター・トレックの魅力とは?
1966年のTVドラマ『宇宙大作戦 』から50年。
"スター・トレックとは何か?"の答えは人の数だけある。
はっきりと言えるのは、スター・トレックの主流はあくまでTVシリーズであり、映画は"番外編"であること。
2009年からはじまったリブート版はそのTVシリーズを基軸としない映画版オリジナル・キャスト。
1,2作目は大のトレッキーであるロベルト・オーチーの尽力もあり何とか繕っていたが
(それでもスター・トレックの"知的要素"の欠如が指摘されていた。ジョージ・タケイは"リブート後の映画は、(ジーン・ロッデンベリーがもたらした)SFを社会問題を語る際の隠喩として用いる手法が欠けている"と語っている。参照
オーチーが離脱した3作目にして一気に綻びがひろがった感。

本作で脚本を担当したダグ・ユングは「スタジオからより一般受けするように修正することを求められた。そのため、西部劇、スリラー、犯罪映画の要素をストーリーに盛り込み、そのストーリーの中にスタートレックのキャラクターを配置していった。」と語っている。

ストーリーの中にスタートレックのキャラクターを配置していった...って???
50年も続いているシリーズものに、こういう考え方する?
まず、スター・トレックの舞台設定、キャラクターありき。物語はその次でしょ。
地盤、看板、カバンだけを引き継いだ、凡庸な世襲議員みたいなことされても...。

映画版スター・トレックの全米公開時、2009年版、2013年版とも熱心なトレッキーに支えられ
粘り強い興行を展開した。
だが、本作2016年版は公開初週こそ盛況をはくしたが、あとはあっさり失速。
rotten tomatoesなどみると概ね好評であるようにみえるが、この興行推移をみると本作が実際、トレッキーからも一般客からも支持を得られなかったことがよくわかる。

TVシリーズ"スター・トレック"の特徴は、SFなのに映像はチープ、戦闘場面が少なく会話がメイン。
そのため(好意的な見方をすれば)"大人の鑑賞に堪える人間ドラマ"が魅力と称されている。
個人的に思うスター・トレックの魅力は哲学的な台詞と荒唐無稽な物語の奇妙なアンバランスだ。

・危険な未知の惑星に艦長自ら率先して訪れる
・保安部員は悲劇の死をとげる
・危機的状況のときに転送装置が作動しない
・敵が消えたとうろたえたり、宇宙船のスピードが落とせなくなる

といったお決まり事の愉しみもある。

2009年、2013年版はただのSF映画、そして今回2016年版はアクション映画...
ああ、スター・トレックよどこに行く?
こんなのやりたいなら、スター・トレックの看板を借りず、オリジナル映画をつくればいい
007シリーズもそうなんですけどね。"より多くの観客にアピールするため"シリーズの持ち味を殺してしまう。
長年続いている人気シリーズを儲けるための単なる地盤に使うなよ。

トレッキーのご機嫌を損ねることなく新しいファンを獲得したいというムシのいい魂胆...1.2作目は何とか成功しましたが、3作目にして見事に崩壊しました。スター・トレック映画版の最低作は客観的にみると『スター・トレックV/新たなる未知へ』(1989)であることは揺るぎないが、スター・トレックらしさという着眼点にしぼれば本作になるかもしれない。

『スター・トレック BEYOND』、興行収入は前2作を大幅に下回ったものの、続編製作に支障が出るほどの下げ幅ではない。本作ではプロデューサーに回ったJ・J・エイブラムスはスター・トレックの続編構想はあると断言。すでにクリス・パインとザカリー・クイントは4作目の出演契約にサインしていると報じられている。今のスタッフ、キャストでこれ以上作り続けても堕ちる一方だと思うよ。皆、精細を欠いていたし。そもそも、チェコフは誰がやるのさ?あと、今回の脚本家チームの続投は絶対にNG。そもそもサイモン・ペッグって本当にトレッキーなの?スター・トレックをしょうもないコメディ風味にするな!

スター・トレックは2017年「スター・トレック:ディスカバリー」という新ドラマシリーズが製作されることが発表されている。(ただしCBSのオンデマンドサービス「All Access」での配信) いっぞのこと4作目は中止して、新ドラマシリーズが軌道に乗るのを待って、映画版もそっちで作り直してみては?そう、スター・トレックにおいて主流はドラマで映画はあくまで亜流なのだから。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

Star Trek Beyond at Memory Alpha (a Star Trek wiki)
Star Trek Beyond at Rotten Tomatoes
Star Trek IBeyond at Box Office Mojo

スポンサーサイト


2017.08.15 Tuesday | 12:41 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1093

トラックバック

▲top