映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 陽のあたる教室 | TOP | 17歳の肖像 >>

イン&アウト

イン&アウト(1997 アメリカ)

イン&アウト(1997)原題   IN & OUT
監督   フランク・オズ
脚本   ポール・ラドニック
撮影   ロブ・ハーン
音楽   マーク・シェイマン
出演   ケヴィン・クライン ジョーン・キューザック マット・ディロン
      トム・セレック デビー・レイノルズ ウィルフォード・ブリムリー
      ボブ・ニューハート グレゴリー・ジュバラ ショーン・ハトシー

第70回(1997年)アカデミー賞助演女優賞(ジョーン・キューザック)ノミネート



インディアナ州の小さな町に暮らす教師ハワード。結婚も決まり幸せな日々だったが、かつての教え子がアカデミー賞授賞式で"恩師はゲイ"とスピーチしたことから大騒動となる。ハワードは1週間後に控えた結婚式を予定どおり行おうと躍起になるが…。トム・ハンクスがアカデミー賞授賞式でゲイである恩師に感謝したことをヒントにして作られたお話。花嫁になりそこねたジョーン・キューザックがウェディング・ドレスのまま「誰か私と結婚して!今ならドレスも揃っているわ」と叫ぶ場面は楽しい。物語としては少し破綻気味。特にラストがやっつけ感強く、コメディとしてじゃ期待外れ。お洒落で清潔でバーブラ・ストライザンドが好きならゲイなの?
☆☆☆★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2017.07.23 Sunday | 00:10 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1054

トラックバック

▲top