映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ダロウェイ夫人 | TOP | セカンド・コーラス >>

めぐりあう時間たち

めぐりあう時間たち(2002 アメリカ)

めぐりあう時間たち(2002)原題   THE HOURS
原作   マイケル・カニンガム
脚本   デヴィッド・ヘア
撮影   シーマス・マッガーヴェイ
音楽   フィリップ・グラス
出演   ニコール・キッドマン ジュリアン・ムーア メリル・ストリープ
      スティーヴン・ディレイン ミランダ・リチャードソン ジョージ・ロフタス
      ジョン・C・ライリー トニ・コレット エド・ハリス アリソン・ジャネイ
      クレア・デインズ ジェフ・ダニエルズ アイリーン・アトキンス
      リンゼイ・マーシャル リンダ・バセット クリスチャン・コールソン
      マーゴ・マーティンデイル ダニエル・ブロックルバンク ジャック・ロヴェロ

第75回(2002年)アカデミー賞主演女優賞(ニコール・キッドマン)受賞。作品、監督、助演男優(エド・ハリス)、助演女優(ジュリアン・ムーア)、脚色、編集、作曲、衣装デザイン賞ノミネート



療養先で『ダロウェイ夫人』を執筆するが、苦悩のあまりロンドンに帰ろうとするヴァージニア・ウルフ、何不自由ない生活だが、理想の妻を演じることに疲れ果てた主婦ローラ、エイズに侵された友人の作家の世話をしている編集者クラリッサ、この3人をモチーフとした物語。"誰かを(小説の中で)殺さないと命の価値を際立たせられない」といいつつ、自分で死を選ぶヴァージニアや友人の自殺を目の当たりに立ち尽くすクラリッサより、『ダロウェイ夫人』に感化されつつも、恵まれた生活を捨て、"誰も私を許さないだろうけど、死ぬより生きることを選んだ"と語る、ジュリアン・ムーア演じるローラが本当の主役。これこそ現代のダロウェイ夫人か。
☆☆☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2017.06.24 Saturday | 00:08 | - | - | - |

コメント

この映画を映画館で観た人が周りにはいません。ダロウェイ夫人を読みましたが、文体が私には合わず、良くわからなかったという感想しか持てませんでした。

ですが、この映画を観て、しばらく席を立てないくらい、胸の中に澄んだ静かな小川が流れ込んだような満たされた気持ちになりました。
男の人はにはあまり好まれない映画ではないかと思ったのですが、moviepadさまの評価が高くて、なんだかうれしいです。
2016/09/05 11:00 PM by パール
『ダロウェイ夫人』は映画でしか見ていないので何とも言えませんが...。

『めぐりあう時間たち』、さほど小難しい映画ではないのですが
結果として"観る人を選んでしまう"作品になってしまったようです。
女性でも"どこがいいのかさっぱりわからない"と言ってる人、結構いました。

ニコールやメリルのほうが目立ちますが、真の主役はジュリアン・ムーアなので
彼女が演じた役に(100%でなくても)ある程度共感できるかどうか、が作品の好き嫌いを決めるポイントだと思います。

>男の人はにはあまり好まれない映画ではないかと思ったのですが

確かにそうですね...。
でもアカデミー作品賞にノミネートされたのだから、年配のおじさまにも理解されたんです(爆)。

"抑圧された主婦"という枠組みでみると、男にゃわからん!になるのですが
"恵まれた環境を捨て、新しいことに挑戦した。成功したとは言えないけど、後悔はしていない。例え客観的に恵まれていたとしてもあのときの自分の心は死んでいたのだから"と考える人間の話としてみれば
、男性でも共感できる要素は多々あると思います。
2016/09/05 11:32 PM by moviepad
moviepadさまのコメントを読ませていただいてすぐに浮かんできたのは、絶対的幸福と相対的幸福という言葉です…短絡的ですみません(^_^;)

そのとき捨てたもの手離したものが多いほど、これでよかったこうするしかなかった 後悔はしていないと肯定せずには、前に向かっていくことができないのだろうと思います。

映画を観てる時には、そんなことは意識しておらず、俳優さんたちがよかった〜といつものように単純な感想を持ったように記憶しています。
2016/09/06 11:28 PM by パール
>そのとき捨てたもの手離したものが多いほど、これでよかったこうするしかなかった 後悔はしていないと肯定せずには、前に向かっていくことができない

うーむ、ジュリアン・ムーア演じるローラには、
無理矢理自分を肯定するようなニュアンスはほとんどないと思います。
もっとすっきり。

ローラの行動が(多少なりとも)"あり"と思える人はこの映画を楽しめるでしょうし
ダンナはともかく(笑)子供がいるのにケシカラン!
というワイドショー的価値観の持ち主は本作、受け入れられないでしょう。
2016/09/07 7:55 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1034

トラックバック

▲top