映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ | TOP | マーズ・アタック! >>

12モンキーズ

12モンキーズ(1995 アメリカ)

12モンキーズ(1995)原題   TWELVE MONKEYS
監督   テリー・ギリアム
脚本   デヴィッド・ピープルズ ジャネット・ピープルズ
撮影   ロジャー・プラット
音楽   ポール・バックマスター
出演   ブルース・ウィリス マデリーン・ストー ブラッド・ピット
      クリストファー・プラマー ジョン・セダ H・マイケル・ウォールズ
      ボブ・アドリアン サイモン・ジョーンズ ジョセフ・メリト
      デヴィッド・モース キャロル・フローレンス フランク・ゴーシ
      リサ・ゲイ・ハミルトン ブルース・カークパトリック マット・ロス
      クリストファー・メローニ ケヴィン・シグペン ジョセフ・マッケナ フレッド・ストローザー

第68回(1995年)アカデミー賞助演男優(ブラッド・ピット)、衣装デザイン賞ノミネート



時は2035年。人類の99%がウイルスによって死滅していた。原因を探るため科学者グループは、ウイルスが蔓延し始めた1996年に服役中の囚人コールを送り込むことを決定。コールは原因解明のキーワードが"12モンキーズ"だと教えこまれたあと、タイムスリップしたが何故か1990年に舞い降りてしまう。彼は逮捕され精神病院にぶちこまれてしまう。そこで精神病医学者キャサリンと、自分の父は神と称する入院患者ジェフリーに出会う。淀川長治氏は「馬鹿みたいな作品」と言っていたが、映像も物語も意外にフツーでSFとしては凡庸。ブラッド・ピットは尻だし、股間掴みまでして、イカレ患者を一生懸命演じるも空回り気味で痛々しい。
☆☆☆★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

2016.07.27 Wednesday | 00:07 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2020.02.22 Saturday | 00:07 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top