映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 高慢と偏見とゾンビ | TOP | アメリカン・ビューティー >>

ユージュアル・サスペクツ

ユージュアル・サスペクツ(1995 アメリカ)

ユージュアル・サスペクツ(1995)原題   THE USUAL SUSPECTS
監督   ブライアン・シンガー
脚本   クリストファー・マッカリー
撮影   ニュートン・トーマス・サイジェル
音楽   ジョン・オットマン
出演   スティーヴン・ボールドウィン ガブリエル・バーン チャズ・パルミンテリ
      ケヴィン・ポラック ピート・ポスルスウェイト ケヴィン・スペイシー
      スージー・エイミス ジャンカルロ・エスポジート ベニチオ・デル・トロ
      ダン・ヘダヤ ピーター・グリーン クリスティーン・エスタブルック
      ジャック・シアラー フィリップ・サイモン


第68回(1995年)アカデミー賞助演男優(ケヴィン・スペイシー)、脚本賞受賞。



カリフォルニアのサン・ペドロ埠頭で船が爆発し、27人が死亡、大量のコカインと9100万ドルが消えた。捜査官はただ一人無傷で生き残ったキントを尋問したところ、鍵を握るのは伝説のギャング"カイザー・ソゼ"。彼の企みで5人の"常連容疑者(USUAL SUSPECTS)を襲撃の実行犯にするため集められたという。ケヴィン・スペーシーが不気味などんより感を醸し出す。入り組んだ物語だが結局のところ、カイザー・ソゼとは何者か?そもそも実在するのか?を追求するお話。まあ、ミステリー・ファンなら大体想像つきますね。一番疑わしくない人物が...。脚本はアガサ・クリスティの『アクロイド殺し』を下敷きにして執筆された。
☆☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2017.04.17 Monday | 00:08 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1023

トラックバック

▲top