映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

バイス

バイス (2018 アメリカ)

バイス(2018)原題   VICE
監督   アダム・マッケイ
脚本   アダム・マッケイ
撮影   グレイグ・フレイザー
編集   ハンク・コーウィン
音楽   ニコラス・ブリテル
出演   クリスチャン・ベール エイミー・アダムス スティーヴ・カレル
     サム・ロックウェル タイラー・ペリー アリソン・ピル ジェシー・プレモンス

第91回(2018年)アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞受賞。作品、監督、主演男優(クリスチャン・ベール)、助演男優(サム・ロックウェル)、助演女優(エイミー・アダムス)、脚本、編集賞ノミネート

続きを読む >>

ブラック・クランズマン

ブラック・クランズマン (2018 アメリカ)

ブラック・クランズマン(2018)原題   BLACKKKLANSMAN
監督   スパイク・リー
原作   ロン・ストールワース
脚色   チャーリー・ワクテル デヴィッド・ラビノウィッツ
     ケヴィン・ウィルモット スパイク・リー
撮影   チェイズ・アーヴィン
音楽   テレンス・ブランチャード
出演   ジョン・デヴィッド・ワシントン アダム・ドライヴァー ローラ・ハリアー
     トファー・グレイス コーリー・ホーキンズ ライアン・エッゴールド
     ヤスペル・ペーコネン アシュリー・アトキンソン ポール・ウォルター・ハウザー


第91回(2018年)アカデミー賞脚色賞受賞。作品、監督、助演男優(アダム・ドライヴァー)、作曲、編集賞ノミネート。第71回(2018年)カンヌ国際映画祭グランプリ。

続きを読む >>

ドゥ・ザ・ライト・シング

ドゥ・ザ・ライト・シング (1989 アメリカ)

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989)原題   DO THE RIGHT THING
監督   スパイク・リー
脚本   スパイク・リー
撮影   アーネスト・ディッカーソン
音楽   ビル・リー
出演   ダニー・アイエロ スパイク・リー ビル・ナン
     ジョン・タートゥーロ ジョン・サヴェージ ルビー・ディー
     ロージー・ペレス オシー・デイヴィス リチャード・エドソン
     ジャンカルロ・エスポジート サム・ジャクソン ジョイ・リー
     スティーヴ・ホワイト ミゲル・サンドヴァル マーティン・ローレンス


第62回(1989年)アカデミー賞助演男優(ダニー・アイエロ)、脚本賞ノミネート

続きを読む >>

最後の追跡

最後の追跡 (2016 アメリカ)

原題   HELL OR HIGH WATER
監督   デヴィッド・マッケンジー
脚本   テイラー・シェリダン
撮影   ジャイルズ・ナットジェンズ
音楽   ニック・ケイヴ ウォーレン・エリス
出演   ジェフ・ブリッジス クリス・パイン ベン・フォスター
     ギル・バーミンガム マリン・アイルランド ケヴィン・ランキン
     デイル・ディッキー ウィリアム・スターチ ウィリアム・C・テイラー三世
     クリスティン・バーグ ケイティ・ミクソン

(Netflix配信)

第89回(2016年)アカデミー賞作品、助演男優(ジェフ・ブリッジス)、脚本、編集賞ノミネート

続きを読む >>

グリーンブック

グリーンブック (2018 アメリカ)

「グリーンブック」(2018)原題   GREEN BOOK
監督   ピーター・ファレリー
脚本   ニック・ヴァレロンガ ブライアン・カリー ピーター・ファレリー
撮影   ショーン・ポーター
編集   パトリック・J・ドン・ヴィト
音楽   クリス・バワーズ
出演   ヴィゴ・モーテンセン マハーシャラ・アリ
     リンダ・カーデリーニ ディミテル・D・マリノフ マイク・ハットン
     イクバル・テバ セバスティアン・マニスカルコ P・J・バーン
     トム・ヴァーチュードン・スターク ランダル・ゴンザレス


第91回(2018年)アカデミー賞作品、助演男優(マハーシャラ・アリ)、脚本賞受賞。主演男優(ヴィゴ・モーテンセン)、編集賞ノミネート

続きを読む >>

ビール・ストリートの恋人たち

ビール・ストリートの恋人たち (2018 アメリカ)

ビール・ストリートの恋人たち(2018)原題   IF BEALE STREET COULD TALK
監督   バリー・ジェンキンズ
原作   ジェイムズ・ボールドウィン 『ビール・ストリートの恋人たち』
脚色   バリー・ジェンキンズ
撮影   ジェームズ・ラクストン
音楽   ニコラス・ブリテル
出演   キキ・レイン ステファン・ジェームズ コールマン・ドミンゴ
     テヨナ・パリス マイケル・ビーチ デイヴ・フランコ
     ディエゴ・ルナ ペドロ・パスカル エド・スクライン
     ブライアン・タイリー・ヘンリー レジーナ・キング


第91回(2018年)アカデミー賞助演女優賞(レジーナ・キング)受賞。脚色、作曲賞ノミネート

続きを読む >>

女王陛下のお気に入り

女王陛下のお気に入り (2018 アイルランド・アメリカ・イギリス)

女王陛下のお気に入り(2018)原題   THE FAVOURITE
監督   ヨルゴス・ランティモス
脚本   デボラ・デイヴィス トニー・マクナマラ
撮影   ロビー・ライアン
美術   フィオナ・クロンビー
衣装デザイン サンディ・パウエル
編集   ヨルゴス・モヴロプサリディス
出演   オリヴィア・コールマン エマ・ストーン レイチェル・ワイズ
     ニコラス・ホルト ジョー・アルウィン マーク・ゲイティス ジェームズ・スミス

第91回(2018年)アカデミー賞主演女優賞(オリヴィア・コールマン)受賞。作品、監督、助演女優(レイチェル・ワイズ、エマ・ストーン)、脚本、撮影、編集、美術、衣装デザイン賞ノミネート。第75回(2018年)ヴェネチア国際映画祭審査員大賞、女優賞(オリヴィア・コールマン)。第72回(2018年)英国アカデミー賞、英国作品、主演女優(オリヴィア・コールマン)、助演女優(レイチェル・ワイズ)、脚本、プロダクションデザイン、衣装デザイン、メイクアップ&ヘアー賞受賞。作品、監督、助演女優(エマ・ストーン)、撮影、編集賞ノミネート。

続きを読む >>

バスターのバラード

バスターのバラード (2018 アメリカ)

バスターのバラード(2018)原題   THE BALLAD OF BUSTER SCRUGGS
監督   ジョエル・コーエン イーサン・コーエン
脚本   ジョエル・コーエン イーサン・コーエン
撮影   ブリュノ・デルボネル
音楽   カーター・バーウェル
出演   ティム・ブレイク・ネルソン ウィリー・ワトソン クランシー・ブラウン ダニー・マッカーシー
     デヴィッド・クラムホルツ ティム・デザーン E・E・ベル アレハンドロ・パティーノ
     トム・プロクター マシュー・ウィリグ ジェームズ・フランコ スティーヴン・ルート
     ラルフ・アイネソン ジェシー・ルケン リーアム・ニーソン ハリー・メリング ポール・レイ
     トム・ウェイツ ビル・ヘック ゾーイ・カザン グレインジャー・ハインズ
     ジェファーソン・メイズ ドリス・ハーグレイヴ ジョンジョ・オニール ブレンダン・グリーソン
                    ソウル・ルビネック タイン・デイリー チェルシー・ロス

(Netflix配信)

第91回(2018年)アカデミー賞アカデミー賞脚色、歌曲("WHEN A COWBOY TRADES HIS SPURS FOR WINGS")、衣装デザイン賞ノミネート。第75回(2018年)ヴェネチア国際映画祭脚本賞。

続きを読む >>

ROMA/ローマ

ROMA/ローマ (2018 メキシコ)

ROMA ローマ(2018)原題   ROMA
監督   アルフォンソ・キュアロン
脚本   アルフォンソ・キュアロン
撮影   アルフォンソ・キュアロン
出演   ヤリッツァ・アパリシオ マリーナ・デ・タビラ マルコ・グラフ
     ダニエラ・デメサ カルロス・ペラルタ ディエゴ・コルティナ・アウトレイ

(Netflix配信)

第91回(2018年)アカデミー賞監督、撮影、外国語映画賞受賞。作品、、主演女優(ヤリッツァ・アパリシオ)、助演女優(マリーナ・デ・タビラ)、脚本、美術、録音、音響編集賞ノミネート。第75回(2018年)ヴェネチア国際映画祭金獅子賞。

続きを読む >>

天才作家の妻 -40年目の真実-

天才作家の妻 -40年目の真実- (スウェーデン・アメリカ・イギリス)

天才作家の妻 -40年目の真実-(2017)原題   THE WIFE
監督   ビョルン・ルンゲ
原作   メグ・ウォリッツァー
脚本   ェーン・アンダーソン
撮影   ウルフ・ブラントース
音楽   ジョスリン・プーク
出演   グレン・クローズ ジョナサン・プライス
     クリスチャン・スレイター マックス・アイアンズ ハリー・ロイド
     アニー・スターク エリザベス・マクガヴァン

第91回(2018年)アカデミー賞主演女優賞(グレン・クローズ)ノミネート

続きを読む >>

▲top