映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

メッセージ

メッセージ (2016 アメリカ)

メッセージ(2016)原題   ARRIVAL
監督   ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作   テッド・チャン 『あなたの人生の物語』
脚本   エリック・ハイセラー
撮影   ブラッドフォード・ヤング
音楽   ヨハン・ヨハンソン
出演   エイミー・アダムス ジェレミー・レナー フォレスト・ウィテカー
     マイケル・スタールバーグ マーク・オブライエン ツィ・マー

第89回(2016年)アカデミー賞音響編集賞受賞。作品、監督、脚色、編集、撮影、美術、録音賞ノミネート

テッド・チャン
は独自の存在感をはなつSF作家だ。専業作家ではなく、本業はテクニカル・ライター。きわめて寡作であり25年以上の活動期間で発表作品は短編、中編のみの20作弱で長編はひとつもない。にもかかわらず、その作品の半数以上はネピュラ賞、ヒューゴー賞など多くの賞を獲得している。そんなテッド・チャン作品の中でも代表作と言われる『あなたの人生の物語』 (Story of Your life 1998)の映画化が『メッセージ』。突然宇宙からやってきた飛行物体。来訪目的を調べるため奮闘する女性言語学者の姿を描くという、SFとしては地味な設定にもかかわらず興行、批評ともに成功。SF映画に厳しいアカデミー賞にも作品、監督賞など8部門にノミネートされた。

続きを読む >>
2017.05.20 Saturday | 20:30 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

マンチェスター・バイ・ザ・シー

マンチェスター・バイ・ザ・シー (2016 アメリカ)

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016)原題   MANCHESTER BY THE SEA
監督   ケネス・ロナーガン
脚本   ケネス・ロナーガン
撮影   ジョディ・リー・ライプス
音楽   レスリー・バーバー
出演   ケイシー・アフレック ミシェル・ウィリアムズ カイル・チャンドラー
     グレッチェン・モル ルーカス・ヘッジズ ベン・オブライエン
     テイト・ドノヴァン スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン
     C・J・ウィルソン カーラ・ヘイワード ヘザー・バーンズ
     エリカ・マクダーモット マシュー・ブロデリック ジョシュ・ハミルトン

第89回(2016年)アカデミー賞主演男優(ケイシー・アフレック)、脚本賞受賞。作品、監督、助演男優(ルーカス・ヘッジズ)、助演女優賞(ミシェル・ウィリアムズ)ノミネート

続きを読む >>

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜 (2016 オーストラリア)

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜(2016)原題   LION
監督   ガース・デイヴィス
原作   サルー・ブライアリー
脚本   ルーク・デイヴィス
撮影   グレイグ・フレイザー
音楽   ダスティン・オハロラン ハウシュカ
出演   デヴ・パテル サニー・パワール ルーニー・マーラ
     デヴィッド・ウェンハム ニコール・キッドマン アビシェーク・バラト
     ディヴィアン・ラドワ プリヤンカ・ボース ディープティ・ナヴァル
     タニシュタ・チャテルジー ナワーズッディーン・シッディーキー

第89回(2016年)アカデミー賞作品、助演男優(デヴ・パテル)、助演女優(ニコール・キッドマン)、 脚色、撮影、作曲賞ノミネート

続きを読む >>

SEIKO JAZZ

松田聖子がJAZZに挑戦!この話題を聞いて...全く驚かなかった。聖子の代表曲「SWEET MEMORIES」はジャズっぽい雰囲気を醸し出している曲だし、日野皓正作曲の「夏服のイヴ」(超難曲!)という曲もある。最近の聖子の活動をみるとサントリーのCMで「Smile」や「when you wish upon a star」、「Close to you」などを落ち着いた雰囲気で披露したり、クインシー・ジョーンズのコンサートにゲスト出演したり、 Fourplayのアルバムで「Put Our Hearts Together」を歌ってみたり...。予兆がありすぎたからだ。海外進出に積極的な聖子、2011年11月2日、由紀さおりがピンク・マルティーニとコラボしたアルバム『1969』がアメリカのiTunesジャズチャートで1位を獲得したというニュースに刺激を受けないはずがない!

続きを読む >>
2017.04.02 Sunday | 12:12 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0) |

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 (2016 アメリカ・チリ・フランス)

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命(2016)原題   JACKIE
監督   パブロ・ラライン
脚本   ノア・オッペンハイム
撮影   ステファーヌ・フォンテーヌ
音楽   ミカ・レヴィ
出演   ナタリー・ポートマン ピーター・サースガード グレタ・ガーウィグ
     リチャード・E・グラント ビリー・クラダップ ジョン・ハート
     キャスパー・フィリップソン ジョン・キャロル・リンチ ベス・グラント マックス・カセラ
     コーリイ・ジョンソン エイダン・オヘア ラルフ・ブラウン デヴィッド・ケイヴス

第89回(2016年)アカデミー賞主演女優(ナタリー・ポートマン)、作曲、衣装デザイン賞ノミネート

続きを読む >>

パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間

パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間 (2013 アメリカ)

パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間(2013)原題   PARKLAND
監督   ピーター・ランデズマン
原作   ヴィンセント・ブリオシ
脚本   ピーター・ランデズマン
音楽   ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演   ジェームズ・バッジ・デール ザック・エフロン ジャッキー・アール・ヘイリー
     コリン・ハンクス デヴィッド・ハーバー マーシャ・ゲイ・ハーデン
     ロン・リヴィングストン ジェレミー・ストロング ビリー・ボブ・ソーントン
     ジャッキー・ウィーヴァー トム・ウェリング ポール・ジアマッティ

続きを読む >>

JFK

JFK (1991 アメリカ)

JFK(1991)原題   JFK
監督   オリヴァー・ストーン
脚本   オリヴァー・ストーン ザカリー・スクラー
撮影   ロバート・リチャードソン
音楽   ジョン・ウィリアムズ
出演   ケヴィン・コスナー シシー・スペイセク ジョー・ペシ
     ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ ウォルター・マッソー
     ジャック・レモン エド・アズナー ドナルド・サザーランド
     ケヴィン・ベーコン ブライアン・ドイル=マーレイ サリー・カークランド

第64回(1991年)アカデミー賞撮影、編集賞受賞。作品、監督、助演男優(トミー・リー・ジョーンズ)、脚色、作曲、音響賞ノミネート

続きを読む >>

ムーンライト

ムーンライト (2016 アメリカ)

ムーンライト(2016)原題   MOONLIGHT
監督   バリー・ジェンキンズ
原案   タレル・アルヴィン・マクレイニー
脚本   バリー・ジェンキンズ
撮影   ジェームズ・ラクストン
音楽   ニコラス・ブリテル
出演   トレヴァンテ・ローズ アンドレ・ホランド ジャネール・モネイ
     アシュトン・サンダーズ ジャハール・ジェローム アレックス・ヒバート
     ナオミ・ハリス マハーシャラ・アリ

第89回(2016年)アカデミー賞作品、助演男優(マハーシャラ・アリ)、脚色賞受賞。監督、助演女優(ナオミ・ハリス)、編集、撮影、作曲賞ノミネート

続きを読む >>

ラビング 愛という名前のふたり

ラビング 愛という名前のふたり (2016 アメリカ)

ラビング 愛という名前のふたり原題   LOVING
監督   ジェフ・ニコルズ
脚本   ジェフ・ニコルズ
撮影   アダム・ストーン
音楽   デヴィッド・ウィンゴ
出演   ジョエル・エドガートン ルース・ネッガ
     マートン・ソーカス ニック・クロール テリー・アブニー
     アラーノ・ミラー ジョン・ベース マイケル・シャノン

第89回(2016年)アカデミー賞主演女優賞(ルース・ネッガ)ノミネート

続きを読む >>

第89回(2016年)アカデミー賞

第89回(2016年)アカデミー賞

第89回(2016年)作品賞「ムーンライト」第89回アカデミー賞trivia
〜前代未聞!作品賞発表後、「受賞したのは別の作品」と訂正入る〜

司会にジミー・キンメルを迎えた第89回アカデミー賞授賞式。トランプ政権後、初の授賞式、リベラル派が多いハリウッドとあって反トランプ発言が連発されると予想されていたが、大きな混乱もなく進行。受賞結果も下馬評どおりで作品賞発表までたどりついた。作品賞は13部門14ノミネート(14ノミネートは『イヴの総て』(1950)と『タイタニック』(1997)が持つ最多ノミネート記録に並ぶもの)を獲得した『ラ・ラ・ランド』が大本命だった。作品賞のプレゼンターはウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイ。ダナウェイが『ラ・ラ・ランド』の名を読み上げた。プロデューサーらがステージに上がり、スピーチをしている最中、受賞式スタッフがステージにあがり、何やら協議中。間違いを伝えられた『ラ・ラ・ランド』のプロデューサー、ジョーダン・ホロウィッツが「間違いがあった。本当の作品賞は『ムーンライト』だ。ジョークではない。発表者が間違ったものを読み上げた」とスピーチし、封筒の中身を見せて証明した。

アカデミー賞 作品賞封筒オスカー像を手渡された『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督は「夢にも思わなかった。何ということだ」と喜びを爆発させたが、"作品賞を間違えて発表"という前代未聞の珍事に会場は騒然とするばかり。司会のジミー・キンメルは「ウォーレン、何てことをしてくれたんだ?」と問い詰めるとウォーレンは「封筒に"『ラ・ラ・ランド』、エマ・ストーン」"と書いてあったんだよ」と述べ、直前に発表された主演女優賞の封筒がなぜかもう一度手渡されてしまったことを告白した。(そんなこと、ありうる?)面白味にかけた授賞式、最後の最後で笑わせてくれたのはさすが世界一のエンタメショウ。(笑)


続きを読む >>
2017.02.27 Monday | 20:49 | アカデミー賞の軌跡 | comments(2) | - |

▲top